補助金事業優遇制度

補助金事業優遇制度について

「長期優良住宅」と一般住宅との違いは高い住宅性能に加えて様々な住宅控除や減税を受けることができます。これからの賢い家づくりのポイントは、安心・快適性を高め、資産価値を保つ「長期優良住宅」にありそうです。一度、検討してみてはいかがでしょう。

【高い住宅性能】

    「耐震性」「耐久性能」「メンテナンスの容易性」

    「省エネルギー性」「住居環境」「維持保全計画」

【住宅控除・減税】

  ・住宅ローン減税

    10年間の最大控除額は一般住宅なら400万円ですが長期優良住宅は500万円

  ・登録免許税

    所有権の移転登記、保存登記の登録免許税が軽減されます。

  ・不動産取得税

    一般住宅なら1,200万円の控除ですが長期優良住宅なら1,300万円

  ・固定資産税

    一般住宅なら3年間の軽減期間ですが長期優良 住宅なら5年間軽減されます

    また、フラット35Sにおいて金利優遇を受けることもできます。 (平成28年4月現在)

補助金申請 申請は各団体へお問い合わせください